--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-05-16

ガラケーで十分

『この恋と、その未来。』で主人公の松永四郎がガラケーを使っているのを同じ寮部屋の織田未来に見られ、
「お前、まだそんな携帯使ってンの?」と呆れられるという一文で私はムッとした。
私も、まだガラケーを愛用している。
理由は簡単、使用料金が安いからだ。
月々の支払いが税込2,000円以下で済んでいる。

これがスマートフォンなら最低でも6,000円、高いと10,000円以上する。
そうなる要因はデータ通信のパック料金のせいだ。
docomoなら電話かけ放題プラン+パケットパックが基本となる。
長年使用していると割安になるが、それも微々たる程度。

別に払えない料金ではないが、それだけ高いお金を支払ってまでスマートフォンに乗り換えるメリットがない。
最近のスマートフォン市場の傾向として、液晶ディスプレイの大型化が進んでいる。
大きい画面の方がそれだけ面積に対する情報量は多くなるわけだから、確かに大型化は好ましい。
だが、より大きい画面の望むのならばタブレットが便利だ。
タブレット端末の方が画面は大きいし、バッテリー容量も大きくて長持ちだ。
ちなみに私のタブレットはインターネット接続はWi-Fiのみ。

今、スマートフォンを電話として利用している人は少ないのではないか。
電話だけならガラケーで十分で、インターネットや他のアプリケーションを使用したいのならタブレットが良い。
両者の良いところを合わせたのがスマートフォンかもしれないが、月々の通信料を考えれば高い買い物だ。

各社をしっかりと調べたわけではないが、docomoに関して言えばデータパックは容量に比例した定額制プランしかない。
現在、私がガラケーで入っているデータ通信プランのサービスも定額制に違いはないが、全く使わなければお金がかからない仕様になっている。
どれだけ使ってもある一定量以上は料金が加算されず、それ以下ならば使った分だけパケット通信料を支払えば良いプランだ。
つまり、ガラケーで全くネット通信をしない私はカケホーダイプランのみの料金、つまり純粋な電話料金しか支払っていない。
その他にケータイ補償サービスや他のコンテンツサービスを利用してはいるが。

それでスマートフォンのデータ通信プランには、この二段階の定額プランがない。
どれだけ使おうが使わまいがある一定料金を支払うことになっている。
もちろん使わずに余った分は来月に繰越されるが、そもそも私はデータ通信をしないのだからそのプラン自体が無駄となる。
このプランが変わらない限り、私はスマートフォンには乗り換えない。

会社の同僚からひと月の携帯料金が夫婦で2万円するという話を聞くと、正直もったいないと思う。
だが、携帯電話各社はガラケーの生産を止めていく傾向にある。
今やガラケーなど時代遅れの端末に過ぎず、スマートフォンでなければならないという風潮がある。
それでも私のようなこよなくガラケーを愛するユーザーのために、ガラケーを継ぐガラホが少なからず生産されるようだ。

データ通信プランがもっと安くなれば、他キャリアに乗り換えようなど思わなくて済むのだが、大手キャリアはどのように対応するのか注目している。

スポンサーサイト
2017-05-13

ハッピーエンドがいい

『東雲侑子』の第3巻はハッピーエンドだと思う。
これから先も彼女の側にいるために、今は離れるという辛い選択ではあるけれど、自分と彼女との関係を真剣に考えた結果なのだから。

最近はハッピーエンドとは随分と長い事ご無沙汰だったから、より一層『東雲侑子』のエンディングは心に響いた。
それまでは映画『心が叫びたがってるんだ』とか漫画『アクマゲーム』とかTVゲーム『ニーア レプリカント』とかアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』とか観ていた。
一つ目は想い人との失恋があり、二つ目は父親との再会を果たしたのもつかの間に死別、三つ目に至っては自分を自分が殺しにくるし、四つ目は主人公や身の回りの人がどんどん亡くなってなんかもう悲しすぎた。
そういう悲しさがいいと思うこともあるけれど、やはりハッピーエンドの方が自分は好きだ。

そういえばこんなものを見つけました。

動画タイトル:【静止画MAD】 恋愛学舎 【東雲侑子】
投稿者:ラタヒ
2013年06月24日 20時05分 投稿

GJすぎる。
いつまでも彼等が幸せであることを願いたい。

2017-05-12

自分を知ってもらうより相手を知ることの喜び

久しぶりにライトノベルを読んだ。
森橋ビンゴ著の『東雲侑子』シリーズ全3巻だ。
この本は今年の元旦にセールで安くなっていて、なおかつ表紙の絵が好みだったから買ったものの、ずっと読まれることなくkindleの中で眠り続けていた。

スマートフォンを持たない私はタブレット端末で電子書籍を読んでいる。
だが会社の都合で勤務先が変わり、タブレットなど手に取ることすらできないほど通勤時間帯の電車のラッシュは凄まじい。
そこで新しく買ったのがipod touchだ。
これは電話機能のないiphone seのようなもので、頑なにスマートフォンを持たない私には夢のようなアイテムだ。
非常に軽く薄いので、ほとんど身動きが取れないラッシュ時でもわずかな隙間さえあれば胸ポケットから取り出すことができる。
これのおかげで通勤時間帯の電車でも小説を読むことができるようになった。

そして火曜日に『東雲侑子は短編小説をあいしている』、
水曜日に『東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる』、
木曜日に『東雲侑子は全ての小説をあいしつづける』と読み切った。
こんなに小説を読むことに没頭したのは10年以上なかったことで自分でも驚いている。
それほどまでに、この『東雲侑子』シリーズに引き込まれたということだろう。
思わず、1年振りくらいにブログを更新するほどに。

こういった恋愛小説を読むと、自然と自分の恋愛体験と結びつけてしまう。
私が付き合った人には、私の好む漫画やアニメを特に勧めていた。
でも彼女にはそれが辛かったようで、別れる間際に、
「もっとゲームとか漫画とか好きな人と出会えるといいですね」
と言われたくらいだ。

自分の触れたものに対する感動を他人にも共有してもらいたいと思うのは当然のことかもしれない。
ましてや、シェアなんて言う言葉が日常的に使われるようになったくらいだし、人と何かを共有したいと思うのは人の性なのだろう。
私はそれが普通の人よりも行き過ぎていたとは自覚している。

しかし、『東雲侑子』シリーズを読んでいると、自分のことを知ってもらうより、相手を知る、理解するといった姿勢が何より素晴らしく尊いものなのだと思った。
なぜ私はあの時、あれほどまでに自分の好みを人に押し付けていたのだろうかと後悔した。
なぜ彼女のことをもっと知りたいと思えなかったのか。

そんなわけで、恋愛小説を読んで多少凹みつつも、二週目に入ろうと思う。

2016-04-07

初119

今日、生まれて初めて119番通報しました。
会社から帰宅中、突然知らない人に声をかけられ、助けを求められました。呼ばれるがままその人の家にお邪魔してみると、浴室のドアノブが壊れていました。中には高齢の女性が一人、閉じ込められているとのこと。壊れ方が尋常ではなかったので、男の人であっても素人にはどうにもならないと判断し、119番通報しました。
ものの数分で救急隊が到着し、閉じ込められていた女性は助け出されました。騒ぎを聞きつけたご近所さんの話によると、この家には高齢者ばかりで暮らしているとのこと。私は心配そうに見守る人々に「火事ではありません」と説明をして回りました。
最後に救急隊の人とその家のご家族からお礼を言われ、解散となりました。閉じ込められていた女性に怪我がなくて安心しました。
周りの人から「冷静ですね」とか「落ち着いていらっしゃいますね」と言われましたが、表情には出ないだけで実はめちゃくちゃ焦っていました(^▽^;) 私の1本の電話でこんなにも多くの方が駆けつけるとは思わなかったからです。事実を正確に伝えることの難しさを痛感しました。
最後に、「◯◯に閉じ込められてしまった」という時、119番通報で良いみたいですφ(。。;)メモメモ

2016-03-15

会議で言ってはいけない言葉

先日、初めて母校のサークルの会議に呼ばれました。
そこで私は板書係を申し出たのだけど、議題がころころ変わって困った。
会議で「話し変わるけど」はタブーにしてほしい。
いまAについて話をしているのに議長でも何でもない人が突然Bの話をし始めるのはおかしいと思う。
結局Aはうやむやになってしまった。
社会人がそれではいけない。

2016-02-22

動画編集終わり

ようやく依頼されていた動画編集を終えることが出来ました。
2013年に撮影・編集をお願いされていたのですが、動画2つに別の音声を貼付けるのは初めてだったので時間がかかりました。
実際の作業時間はそれ程でもないけれど、編集環境を作るのに時間がかかりました。
でもいい経験になったし、受けて良かったご依頼でした。
多重録音の演奏動画とか出来そう。

今年は演奏動画をアップする予定です。

2016-01-12

新年のご挨拶

友友です。
昨年はお世話になりました。
新年もどうぞよろしくお願いします。

前回の更新から一月経っていないはずだけどスポンサーサイトが表示されていたので慌てて更新しました。
31日計算じゃないのかな?

2015-12-13

めちゃくちゃの面白さ、とは

めちゃくちゃの面白さ、とはいったい何か。
電車に貼ってある広告にそんな言葉が書かれていたので疑問を感じました。

とても面白いってことなのでしょうけど、面白いと感じるかどうかは結局のところ主観であって、他人がそれを同じように面白いと感じるかどうかはわかりません。
だから商品の解説や感想中に「面白い」と書いてあっても、「何が」「どうして」といったところが書かれていないと説得力がない。
いくら売れっ子や偉い人が評価していても、「面白さ」というのはとても曖昧な表現だから、その感動は人に伝わりにくい。
それを分かっていて書いているのかもしれないけれど。

2015-12-05

ノーゲームノーライフ8巻

ノーゲームノーライフの8巻が2015年12月25日に発売される。
でもまた電子版はちょっと間を置いてからの発売になるんだろうなぁ。
集英社や講談社などから出ている漫画は紙も電子も同時発売なのだから、ライトノベルだって同時発売にならないものか。
一度、電子版を買ったらもう紙で買おうとは思わない。

2015-11-20

『心が叫びたがってるんだ』観てきました

先週、『心が叫びたがってるんだ』(以下、『ここさけ』)を観てきました。
切なくて何度も泣きました。
映画のラストシーンで使われる「Over The Rainbow」とベートーヴェンの「悲愴」第2楽章の同時流しが印象的で、この1週間はずっとサントラを聴いています。
何度も観たくなる映画なので、ブルーレイの発売日が待ち遠しいです。

URL⇒https://www.youtube.com/watch?v=uOrEXl556Sg

Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。