--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-31

わかりやっすΣ(゚ロ゚ノ)ノ

サークルの選曲会議にて…

「馬鹿かお前!
馬っ鹿じゃねーのか!
または阿保か!」

とディンゴ・イーグリットばりのツッコミが出るような曲が出たと聞きました。
マンドリンの作曲家では知らない人はいないのでは、という方なのです。
その人はマンドリン独奏曲も書いています。
そんなすごい人の作品に手を出すなんて、勇敢というか無謀というか…

みんなどうして挑戦が好きなんでしょうね。
自分の力量のちょい下くらいを丁寧に弾く方がよっぽどカッコイイと思うけれど。
そんなこん棒と鍋のフタでデスタームーアに戦いを挑むようなことしなくていいんじゃない?
バイオハザードで拳銃使わずにコンバットナイフで爆走するくらい難しい…。

簡単に言うと「やりたい」って気持ちだけで弾けるような曲ではありません。
「弾けるようになります!」と言われてもその自信はどこから来るの? って聞きたくなります。

おそらく、私が2年生の時だから2007年の時ですね。
そこから狂っているような気がします。
その時から自分の力量の遥か上を選曲会議に出すようになりました。
それまでは以前弾いたことのある曲を弾いていました。
現在でも多くの大学ではそのような選曲で、どこか新しい曲を引っ張って来ることは少ないものなのです。
それに反して我がサークルでは、新しいものが選曲会議に挙がります。
それで力量が上がっているのならともかく、実際は反比例して力量が下がっています。
自分のレベルが下がっているのに挑戦は上を行く…
もう無理なのにさらに無理をする…
今の現役は真面目な子が多いです。
資格課程とか単位とか余分に取っています。
そうなってくるとサークルの優先順位は下がって来るでしょう。
だったらサークルはサークルとして楽しむために気楽に弾ける曲を弾こう…とするものだと思うのですがあえて自分に厳しくしています。
なんででしょう?

居ても立ってもいられなくなって後輩にメールをしました。

「自分一人が弾けるのはもちろんだけど、下級生が弾けるように教えるのも考えてね」

上級生は自身が卒業したあと、後輩が困らないように育ててあげなければなりません。
「自分は最後に好きな曲が弾けてすごい楽しかった」
だけなのは先輩ではありません。
後輩あっての先輩です。
後輩のことを考えられなければ先輩ではありません。



そんなことを多少砕いてメールしたら…





返信がなかった。
わかりやっすΣ(゚ロ゚ノ)ノ

スポンサーサイト
2011-03-30

卒業してから

大学は無事だと話を聞きました。
サークルでも楽器の損壊は免れたとか大事には至らなかったようで何よりです。
つい先日まで学校内立入禁止だったみたいで、新入生歓迎会の準備がヤヴァイらしいです。

…サークルではさよならを告げたのが何人か居たようです。
予想的中です。
だが嬉しくない。

部員が少なくなって大丈夫かなと先輩として心配になります。
だけど呼ばれなければ行かないのが先輩です。
駅から大学まで遠いんですよね。
電車賃も往復で1000円を越えます。
社会人になると制約が増えますから善意だけで接することが難しくなります。
あと「呼ばれてないのに行ったら迷惑じゃないか」とも思ってしまいます。
どこでもあることだと思いますが、世代が交代すると空気や雰囲気も交代します。
新しい空気に古い空気がマッチするかというと微妙なところ。
調和を崩したくはありません。



今年は客席で観られるのか、OBとして演奏するのかもわかっていません。
「曲が決まらないとどうしようもないじゃないですか」と後輩に言われましたが、私の時は演奏会が終わった日の飲み会で「来年もよろしくお願いします」と声かけはしていました。
去年の飲み会で私は、私の先輩からは言われたけれど後輩からはお願いされませんでした。
どうなることやら…o(゚◇゚)o…

2011-03-28

掃除が楽しくなる

誕生日が近いので誕生日プレゼントで何か欲しいものがあるかと聞かれました。

CITIZENの時計。

母「北海道で1万円くらいのあったんだけど…」

CITIZENっていうと大体5万円くらい。
じゃあ新型PSP。

母「遊ぶもの?」

んじゃ楽譜。4千円くらいの。

母「いいね! それくらいなら出せるよ!」

いや、どうせ買ってくれるなら……



とイロイロあったあと、重曹をプレゼントして頂きました。
重曹っていうとパンの膨張を助ける粉のことです。
煮物とかにもいいですね。
ところが私の使用目的は掃除です。
重曹に含まれるある物質が汚れの分解に役立つらしいのです。
台所周りの掃除が私の日課なので、重曹の威力を知ってみたいと思っていました。
前々から重曹が欲しかったのでちょうど良かったですね。

その他にも母が使っていたサイフなど。
合計200円以内のプレゼントとなりました。
経費節約ってことで。



私は自分が本当に欲しいものは自分の稼いだお金で買いたいタイプなのです。
何か相手に悪い気がしてしまって…プレゼントとか本当は欲しくないんですよね。
でも気持ちとか心意気を受け取るという意味でプレゼントをもらうようにはなりました。

2011-03-26

過剰

機動力がない。
せっかく自衛隊という機動力があるのにそれを使いこなせていない。

協調性がない。
全部まとめて国会の人間を3つのグループにわけてみる。
①被災地担当
②福島第一原子力発電所対策
③被災地以外の整備担当
選挙なんてやっている場合じゃないだろう。

情報発信者が過剰であり不正確。
曖昧な情報(自主退避)で国民を混乱させる行為。



国会は緊急時にはリーダーシップを取ってもらわなければ困る。
自主退避というのは
「私には判断が出来ないから任せる」
という放棄。
決断力、機動力、情報収集能力、実行力、協調性など、日本の国会には足りないものが多すぎる。



地震という驚異によって死者・行方不明者が出たことに関しては仕方ないとしても、退避所で避難している人々が物資や電気・水道の不通によって命を落とす人が多いのは問題だ。
助かった命を失うことを避けるためにも、迅速な行動をしてほしい。
各テレビ局と協力して情報収集にあたり、必要とされる支援物資を厳選し、それを自衛隊の機動力で速やかに運ぶ。
自衛隊が瓦礫の山から被災者を救出できたのだから支援物資が停滞するなど有り得ないはず。



私の家では飢餓に困ることがない。
でも被災地では今夜で食料が尽きるというニュースをよく耳にする。
食料が余っているなら出来るだけ持って行ってほしい。



国民のための政治とはなんだ。

2011-03-25

生き方を変える

今日は久しぶりのレッスン。
いつものように家を出る時間が迫って焦るのは勘弁したい。
やらなければいけないことをやってからギターの練習をしよう。
私の中の優先順位はギターの練習が一番上。
しかし、やらなければいけないこともある。
先生とのレッスンで今後の曲目について話したいからルネッサンスの選曲リストを作る必要がある。
頭の中に漠然と考えるのはやめにしよう。

自分の身支度などもそう。
上着は今日はこれにして、電車の中で読む楽典を鞄に入れて、もし電車が止まって家に帰れなくなったときの非常食なども用意する。
台所に食器が溜まっているからこれを食洗機にかける。

そういうことをしたあとにギターのレッスンに向けた練習をする。
爪作りは昨日終わらせたから練習に移るのみ。
カルカッシのエチュード9、10と牛を見張れによる変奏曲。
練習時間は2時間半あるからカルカッシ30分の1時間と牛を1時間。
いや、最後の通しでやるための時間も残さなければいけない。



………。



……………。



…………………。



こういうことを考えて休日を過ごしています。
それでどんなに完璧にやろうとしても私はどこかで失敗をしてしまう。
今日はおばあちゃんがくれたきな粉ツイストをひっくり返してしまった。
まさか袋の口が閉じていなかったとは思いもしなかったというのは言い訳でしかない。
勿体ないけどきな粉を掃除機で吸う。



完璧にしたいけど完璧に出来ない。
今度こそ完璧にしようと思って、それでまた失敗する。
ずっと気を張り詰めた状態が続く。



でもそういう性格はギターにも現れている。
失敗しないように技術のみを優先した練習。
客観的な練習をしていない。

自分がどういう音を弾いているのかわかった気になっている。



「でも丁寧なところは丁寧だよ」



先生に褒められた。
だから今の生き方を少し変えてみようと思った。



「自分のダメなところを40見つけてすべてなくすのは難しい。
でも40を10に減らすことなら出来そうじゃない?」



ギターの練習もそうだという。
プロのレコーディング作業などは。



自分をどこで許すか。
どんな事態にも柔軟に対応できるように。
完璧主義というか潔癖症かな?



もう少し肩の力を抜こう。



「楽しんでこーぜ! です」



そうしよう。

Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。