--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-29

誕生日

25歳になりました。
四捨五入すると三十路です。
技術的な向上は30代までのようです。
ということはあと5年で何か実らなければ色々諦めなければなりません。
がんばる。

スポンサーサイト
2012-03-27

一人暮らし

高校の同期との飲み会では、一人暮らしをしている人が多いことがわかりました。
この前は私を含めて6人中2人が実家で、4人が一人暮らしでした。
一人暮らしした方がいいのかなと思いましたが、今一人暮らしをするメリットはありません。
会社は近いし大学も近い。
練習も家で気兼ねなく出来ます。
とすると一人暮らしをするメリットは見当たりません。
いつかはしようと思っていますが、ただ単に「大人だし自立しよう」とかいう精神的な理由しか見当たらないのであれば無理に一人暮らしをする必要はありません。
恋人もいませんしね~。
結婚か~・・・。

2012-03-27

マスタークラスの有効活用

マスタークラスを受講する場合、どんな曲を選べばいいでしょうか。
自分のやりたい曲があるならそれでもいいですけど、相手が作曲者ならその作品を持っていくといいですね。
アンドリュー・ヨークならば「サンバースト」や「ムーンタン」など。
では作曲・編曲活動をしない演奏家ではどうでしょう。
この場合はその演奏家がCDに収録している曲を持っていくと良いみたいです。
その演奏家がCDに収録したいと考えるまでの曲には何か特別な意図がありますからね。

と先日教わりました。

友人から「先生にならないの?」と言われました。
なりたいと思ったこともありましたけど今は考えていません。
先生になりたいと思えばいつでもなれるそうです。
しかし、それだけで生活していくには何人の生徒さんが必要でしょうかね。
なりたいと思って一人や二人の生徒を持ったところで意味はない。
もっと多くの人に「この人に習いたい」と思わせる何かがなければならないでしょう。

今は音楽で食べていくだけの力量がありません。
今は自分自身を高める時です。
編曲もしたいです。
やりたいことがある内はやりたいことをやります。

2012-03-26

反省

今日はブロとものりえさんの所属する団体の演奏会がありました。
吹奏楽団ということで私の知らない楽器ばかりで楽しかったです。
その団体で一緒に演奏するのは今日で最後なのだそうです。
ちょっぴり寂しい気持ちもありますが、楽器をやめるわけではありません。
色々な形でこれからも音楽を続けていくそうなので良かったです。

言ってしまえば団体で活動するのも一つの手段ですよね。
みんなとワイワイ出来るからいいなぁっていうメリットがあれば、毎年のレパートリーを考えるのが大変だなというかマンネリ化を防ぐのが大変だったりします。
吹奏楽はレパートリーが多いからそういうのに困ったりしそうにないですけど。
ライブハウスなどで演奏するのも出来ますし、今はネットに動画を上げることも可能になりました。
音楽の活動の場はたくさんあります。

吹奏楽器はギターと違って音を伸ばし続けることができますよね。
ヴァイオリンやコントラバスなど弓を使う弦楽器も同じくそうか。
ギターやマンドリン、三味線などの弦楽器はトレモロ奏法などで音を繋げ続けなければならないから大変です。

でも最近、その一度出した音が自然に減衰するその特徴が、私がギターを好きでいる理由の一つかなぁと思うようになりました。
弦をどれくらい強く弾けばどれだけ余韻が残せるかと考えるのが楽しいんですよね。

夜から高校の同級生と飲んできました。
こう見えて友友は空手部でした。
段はとっていません。

そんな久しぶりの飲み会でした。
楽しかったです。
恋愛というか結婚の話と仕事の話ばかりでしたけど、みんな辛くとも元気でやっているんだなぁと安心しました。
私は大学院ですが、学生の延長みたいなもんだよね~というと、
「夢をもっているのは大事だよ」
と諭されました。

反省点はお金がないことをアピールしすぎたことでした。
二次会ではおごってもらってしまいました。
お金はあったんですけど、また学生になるんだからと。
アピールしすぎも問題なのですね。
金銭的には助かったけど、同級生にお金を借りるのは良くないことです。

私はちゃんと計算しているからお金が足りなくなることはまずありません。
それでも余裕があるわけではないからつい防波堤を張ってしまう。
今度は「大丈夫大丈夫♪」というノリで行こうと思いました。
また飲みたいです。

2012-03-24

発表会を終えて

発表会終わりました!
まさかのトリでした!
おまけにステマネ!!

疲れたぴ~(o´Д`)=з

下は小学生の女の子、上は60代の超ベテランと幅広い年齢層で楽しかったですね。
教室に通っていてもそこは塾とは違って先生と生徒のマンツーマン形式です。
だから生徒さん同士の交流ってほとんどないのです。
発表会では他の生徒さんの演奏を聴いたりして良い刺激になります。
それが発表会の良いところですよね。
お話もできますし。
同じく音楽を愛しギターを楽しむ同志ですから。

小学生の女の子がステマネの私の方をチラチラ見てたんですよ。
私は笑顔で手を振りました。
・・・視線そらされちゃった。
グサッとキタ━(゚∀゚)━!
でも片付けの時は手伝ってくれるいい子でした。

中学生もいました。
男の子です。
サッカー部キャプテンです。
爪を伸ばせないそうです。
「爪ってあったほうがいいんですか?」
「ん~そうだね~」
なんてことを話しました。

私の演奏した『サウダージ第3番』は好評でした。
私の演奏がというより曲がですね~。
「すごいねアレ(;゚Д゚)」
まぁそうですよね。
あまり目にすることのない技法、あまり耳にすることのない音色です。
確かにすごいんだけどよくわからないんじゃないかなぁと思います。
難しい曲なので私自身も良く分かっていないです。
しかしまぁすごさだけでも感じてもらえたらラッキーですかね。
中間部はいいねとか、最後はなんかもうすごかったねとか。
「感動した!」とか「絶望した!」はもっと上手くならないと言ってもらえません。
曲が曲だからかもしれませんが。

今回は2回目の発表会です。
だから1回目から出演なさっている方もいらっしゃいました。
1回目はほんとガチガチで演奏していた方も2回目となるとすっかり肩の力が抜けてよい演奏をしていました。
こういう姿を見ると月日の流れを感じます。
私も負けてられないなぁと刺激をもらいます。
絶対抜かれないようにしよう!

あ、写真撮られました~。
弾いているように見えますけどチューニングしていたのでマナー違反ではありません。
演奏中にパシャッとはダメ。
いつものシャツではありません。
来年も発表会に出たいです。

Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。