--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-30

おやすみ

学校と会社がお休みなので今日は久しぶりの休日です。
昨日は会社の人とご飯食べてきました。
色々なお話が出来て楽しかったです。
飲み会もいいですけどお食事会も楽しい。

編曲も再開しました。
今度、大学の先生に見てもらうことになっているのです。
その人はギター独奏の編曲をたくさん出版しています。
私自身、その人の編曲がギターを始めたきっかけに等しいので願ってもないことです。
まさかこんな出会いがあるなんて、と。
楽しみでしょうがない。

ぶっちゃけると日々の練習に編曲をプラスするのは忙しくて大変。
でも楽しいです。

スポンサーサイト
2012-04-25

日本の言葉

『バクマン。』が終わりましたね。
良い終わり方だったので大変満足です。
良い終わり方というのは、そのストーリーの主軸がぶれていないことです。
『バクマン。』で言えば、真城が漫画、高木が原作を書き、そのアニメ化された作品のヒロインを小豆が演じるということ。
その夢が叶ったから終わり。

そして最後に、
「これからはずっと一緒にいられるね」
と小豆の言葉で完結する。
しかもこれが俳句になっている。
「これからは ずっといっしょに いられるね」
「いっしょ」の「しょ」は確か1文字で換算されますよね。
なので5・7・5で俳句です。
日本の言葉は特に俳句を意識しているわけではないのに俳句になるようです。
どこかでそういう話を聞いたことがあります。

いまは漫画がたくさんありますが、主軸がぶれる、というか主人公の目的がハッキリしなかったり、その漫画の最終回が予想できない漫画はたくさんありますよね。
特定の出版社に限らず。
逆に主軸がハッキリしているのに一話完結形式でやっているから延々と続けられる漫画もあります。
こういう作品では、ちゃんと春夏秋冬があるのに登場人物たちの年齢が加算されない不思議な現象がよく見られます。
・・・お前もう元の体に戻れるくらい生活しているだろ、とか。
次から次へと新しい敵が出てくるのも楽しいとは思いますが、商売的な漫画は買わない主義です。
・・・育ての親のドラゴンを探しに行かないのか? とか、君はいつも戦いに巻き込まれて敵に戦う理由を作らされるな、とか。
本棚は無限ではないので買いません。

私はそういう漫画に批判的ですが、それでも人気を得ることができてずっと連載できているわけですから、それはそれですごいです。
ずっと飽きさせないってすごいことです。
ギャグ漫画や4コマ漫画はそれが基本で作られますからね。

どちらがいいかは読者次第ってことですかね。

2012-04-24

たまには自慢話

音大の授業には有名な演奏家のレッスンがあります。
もちろん常駐されている講師陣はみなプロの演奏家ですが、現在も世界中で活躍されている演奏家のレッスンを受けられるのです。
でも常駐の講師もまったく演奏会とかやっていないわけではなくて、う~ん、違いが明確に書けません・・・。

それは置いておくとして、そこではいま自分が練習している曲など自由に見てもらうことができます。
そう言ってもやはり、その人が演奏会やCDに収録している曲を見てもらったほうがいいでしょう。
なんといってもその人が演奏会で弾きたいと研究した曲、あるいはCDに収録して色々な人に聴いてもらいたいとまで思った曲ですから。

私はまだまだレッスンが始まったばかりで曲の練習が出来ていませんでした。
初回なので準備が出来ていない人は棄権しても良いと言われましたが、大学院の二年間を無駄にしてはならないと思い「次の人~」と言われたときにスッと立ち上がりました。
見てもらったのはスケールです。
例のセゴビアのスケール。
ハイポジションの押さえがわからないからそれを聞こうと持っていったのですが、なんと「俺スケール大好き!」と喜ばれました。
そこからスケールについて30分ばかり語っていただき、これを使用した練習方法など詳しく教えていただきました。
「スケール持ってきた人初めてだよ!」
とまで言われました。

私としてはみんなバッハとかグラナドスとかヴィラ=ロボスなのにスケールって恥ずかしいなぁと思っていました。
・・・最初は私も棄権するつもりでした。
でも院に入る前に習っていた教室の先生にこう言われたのです。
「君より上手くて若い子がたくさんいるけれど、そんなこと関係なく技術を教えてもらったりするんだよ」
と。
生徒同士での会話で「あの曲カンタンだよね~」と言われている曲が私にとって難しい曲だったりします。
そんな曲をみんなの前で(そのレッスンはレッスンを受けている人以外は聴講出来るのです)弾くことは恥ずかしかったり緊張もしますが、みんながみんな上手いわけではないし、その人自身としてはその曲をもっともっと上手くなりたいという気持ちで持って行っているのですから曲の難易度は関係ありません。
中にはやはり棄権している子もいました。
でも初めてのレッスンでスケールを持っていった私は、それが財産になったと思います。
色々な有名な曲を見てもらうより、まず先に日頃の基礎練習を見てもらう。

レッスンしていて思うことは、私は飲み込みが悪い。
言われたことがすぐに出来ない。
でも練習すれば出来るようにはなるんです。
人にとっては簡単にできるようなことでも私は何日も一生懸命やらなければ出来ない。
しかし、いつか出来るのなら、たとえその時に恥ずかしい思いをしても、今に見てろと家に帰って猛練習してみんなの前で披露できたら、カッコイイなぁと思います。
レベル上げは得意なんです。
『ドラゴンクエストⅥ』は口笛を吹きまくっていましたとも。

動画投稿はいつになるかわかりませんが、『君をのせて』を練習中です。
私が一番かっこいいなぁと思う編曲のものを練習しています。
夏前までには投稿したい。

2012-04-19

1週間の過ごし方

学校にも慣れてきました。
学校と会社の両立、なんとかなりそうです。
でも自分の好きなことはまだ出来ない感じです。
もう少し落ち着いてきたらニコニコ動画にあげる曲も練習したいですね。
毎日ちょっとずつ時間を割けばいいんですが、疲れているとどうにも。

2012-04-16

体力の有効活用

夜1時間としましたが、朝と夜で同じことをするのは無理があります。
朝は睡眠により体力回復をしているから新しいことを学ぶのには最適ですが、夜はお風呂入ったりご飯食べたりして体力が回復されたかと思いきや、実は翌日のためのエネルギー補給。
それにお昼ご飯を食べて夜ごはんを食べる間、大体7時間ぐらいはエネルギー消費が激しい。
よって夜は頭を使わずにできる練習が良い。
いま放送中の『黒子のバスケ』とか『めだかボックス』とか見ながらできる練習が効果的。
何も考えずただひたすら指を動かす。

朝になったら頭を使って音に色を付けたりします。
そんな感じですね。
だから人によっては夜に練習しないで朝に2時間やる方が効率がよい場合もあります。
自分に合ったエネルギー効率を考えましょう。

Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。