--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-23

伝統なんて壊せばいい

久しぶりに母校のマンドリンサークルに顔を出してきました。
コントラバスを弾いている子が私の高校の後輩で、せっかくだから何か一緒にやろうと話したのです。
コントラバスとギターの組み合わせは私の知る限りではメジャーではありません。
でもやりたい曲があったので、二重奏版の楽譜を作りました。
コントラバスで可能な音域などあまり知りませんでしたが、昨日行ってみてようやく編曲もできてきました。
彼はいま試験期間中のため練習が出来ていませんでしたが、誠実な子なのできっと大丈夫でしょう。

話は変わりますが、相変わらず人数不足に悩んでいるサークルです。
マンドリンオーケストラは大学のサークルですと、1つの学年が各パートそれぞれにいることが望まれます。
マンドリンは1st、2ndで2人、マンドラで1人、マンドリンチェロで1人、クラシックギターで1人、コントラバスで1人と計6人ですね。
でも実際にはそんなうまくいかないわけで、1学年に3人とか4人とかになります。
そこでさらに問題が追加されます。
それは指揮者です。
この指揮者は2年生以上の学年で1人がやらなければいけません。
・・・なんで1年からやらないのか疑問ですが(1年からやっているけれど、本格的に練習するのは定期演奏会後)。
ということは1学年に7人いることが理想なのです。
しかし、大学生の本業は勉強ですし、遊びに行ったりバイトしたりもするでしょうから、サークルだけに力を注いでいるわけではありません。
当然、指揮者は同時に奏者でもあるので練習量は他の人よりも増します。
だから最近の傾向として、楽器練習が手につかなくなって指揮者に専念している子が多いです。

さらに、今年のサークルが直面している問題があります。
マンドリンチェロパートは現在1人しかいないのですが、その子が指揮者も兼任しているのです。
指揮者パートは楽器パートよりも優先されます。
つまり、来年度、1年生がマンドリンチェロパートに入ってこなければ合奏が出来なくなるのです。

・・・。
そこで思ったのは、指揮者の必要性です。
ただでさえ人数が少ないのにそこから指揮者を出すと合奏が成り立たなくなります。
だったら指揮者不在でアンサンブルをやればいいと思いました。
例年通りに考えればそんなことは許されない(?)かもしれませんが、指揮者よりもその楽器パートがいない方が問題なのだから、無理して指揮者に回す必要はありません。

また、どうしても指揮者がいないと合奏ができないというのであれば、指揮者はOBにお願いする方法もあります。
自分は指揮者ではありませんからこんなことを言うのは失礼かもしれませんが、私に近しい学年の子は指揮者をやりたいと言っているそうです。
卒業後、社会人団体に入ってもすぐに指揮者を任されることはありません。
だから後輩の指導もかねてその子が指揮者をやってくれたら、学生は演奏に専念できるはずです。

現状、人数不足からどのパートもOBの賛助出演をお願いしています。
そうしなければ、とてもじゃないけれど学生だけでは合奏が成り立たないのです。
それは指揮者も同じです。
しかし、何故か指揮者は賛助出演がありません。
社会人団体では指揮者は外部から雇う形式を取っているところも少なくありません。
もちろん1団体に1人は専属の指揮者がいるものですが、それがすべてではありません。

新人勧誘の時、誰も指揮者について話しません。
その話(2年生になったら誰か一人は指揮者をやらなければいけない)は入部してからしばらく経った夏にようやく話されます。
後輩からしてみれば「先輩、よくも騙したな」といったところだと思います。
みんな楽器が弾きたくてサークルに入ったのに、その楽器が弾けなくなるなんて思っていないでしょう。
もちろん指揮者と楽器演奏を両立し楽しんでいる人もいます。
でも、最近は両立が出来ていない子が目立ちます。

先輩がそのようにやっていたからそれは絶対に守らなければならないなんてことはありません。
その伝統が果たして自分たちに合っているのか。
合っていなければ壊してしまえばいいんです。
伝統の意味を考え、それが現状の自分たちに適していなければ、無理して合わせる必要はない。

スポンサーサイト
2013-01-22

春休み・・・?

大きな問題もなく無事に演奏会が終わりました。
これから編集作業に入ります。
・・・春休みなんてないのかもしれませんね。
編集好きだからいいんですけど。

2013-01-20

明日と思ったら今日になっていた

いよいよです。
人の演奏をビデオに撮るのは初めてなので緊張します。
どういう風に撮ったらいいのかなぁと色々と演奏動画を見て回りました。
でもいいな~と思うものはだいたい複数のカメラで編集されているものなんですよね。
以前当ブログでご紹介した村治佳織さんの『サウダージ第3番』も横に2台、正面に1台、後ろに1台、上に1台とたくさんのカメラによって撮影されています。
私には2つしかなく(一つは先生のもの、一つは自分で買ったもの)、これを1人で操作します。
こういう風に撮りたいというビジョンが浮かんだものの、演奏中にガチャガチャ音を立てると周りのお客さんに迷惑ですよね。
あまりがんばりすぎないようにコソコソ撮ることにしました。

2013-01-18

準備

明後日は先生の演奏会があります。
私は撮影と録音を任されました。
ビデオカメラのバッテリーの充電をしているんですが、もうすぐで4時間経ちます。
撮影時間の倍以上かかっています。
これだけの容量のバッテリーを使用したことがないので少し驚きました。
友友は充電しながら睡眠するのは嫌なのでもうしばらく起きています。
無事に終わるといいな。

忘れ物がないかもう一度チェック。

2013-01-17

研究演奏会終了

今日は研究演奏会でした。
1000人入るホールでギター独奏って「なんじゃそりゃー!」と思っていましたが、ホールのおかげか楽しく演奏できました。
楽しくというと若干違うかもしれません。
実は演奏中雑念が多かったんです。
「これ終わったら成績表提出しに行かなきゃな」と考えていました。
緊張のあまり頭が真っ白になってしまうとかよく聞きますが、これはなんでしょう。

以前のリサイタルでは「次の音は・・・次の音は・・・」と演奏に集中していました。
今回は1度演奏した曲だから余裕が生まれたんでしょうかね?
結局のところ、雑念が多くてミスも多かった。
もっと歌うように弾けば平気かな?
と課題を残して終わりました。

演奏会も残すところあと1つです。
でも一応、春休みに入ったので自由な時間が増えます。
この休みを使って今年度の復習をしっかり行い、学んだものを確実に身につけたいです。
ギター編曲法の授業課題も抜けていたところが多かったからしっかり完成させます。
論文を書き進めたり、ビデオを編集したり、母校に顔を出したり、先生に挨拶に行ったり、来年度の準備をしたりとやることは多いけれど、体を壊さないようがんばります。

Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。