--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-31

ゼノブレイド 戦闘中の回復

FFⅫは魔法や技をライセンスシステムによって最終的にはすべて習得することが可能です。
そして武器も防具も何から何まで装備することが出来ます。
ということはキャラクターに差異がほとんどなくなってしまうということですね。
回復も攻撃も隙のないキャラクターが出来上がるのを良しとするか、キャラクターごとに役割分担をきちんと決めることが出来るのを良しとするか、そこはプレイヤーの好みが分かれるところだと思います。

『ゼノブレイド』は後者で、キャラクターごとに特徴があり、使える技も固有のものしかありません。
さらにバトルゲームで重要な回復役が全キャラクター7名のうち、3名しかいません。
もう一人、自分の体力を犠牲にして味方を回復させる技を持ったキャラクターがいますが、危機の平均化を回復と呼んでいいのかどうかですね。
時間回復も出来ますがそれも急を要する場面では使い物になりません。

さらに言えば『ゼノブレイド』はアイテム使用がありません。
だから戦闘中の体力回復はキャラクターごとの技に依存します。
じゃあ体力回復の出来る3名でやればいいじゃないかと思われるでしょうが、回復に特化したキャラクターが1名いますけど、攻撃力がそこまでありません。
回復を優先して攻撃力を抑え、ジリジリと敵の体力を減らす保守的な戦略になりますね。
戦闘中の体力回復はキャラクターの技に依存すると書きましたが、他にもジェムと呼ばれる装備品による回復があります。
技を使うごとに75回復するとか、2秒に150回復するとか回復があります。
でも2000〜5000を一気に回復できるのは先ほど記述したように1名のみ。
あえて戦闘に特化し短期決戦を臨むのも出来るかもしれませんが、LV100越えを相手にそれは無謀ですね。
どのようなゲームメイクをするのかを楽しむことが出来るのもゲームの醍醐味ですね。

スポンサーサイト
2014-08-26

ゼノブレイドをクリアしました

『ゼノブレイド』(モノリスソフト)をクリアしました。
2010年にWiiで発売されたRPGです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10849180より

大学院が始まる前に少し遊び、始まったら夏休みとか長い休みしか遊べなくて、それで卒業した今、ようやくクリアできました。
社会人になってから長編RPGをやるのは大変ですね。
しかしゲーム制作会社からしてみれば長い時間を要して作ったゲームを短期間でクリアされるのも苦労が報われませんよね。
やはり長いこと遊べていて楽しかったです。

それでエンディングを見たとき、クリアして良かったと思いました。
ヒロインの悲劇、再会、エンディングという王道のストーリーですが、この巨神と機神しかいない限定された世界の成り立ちなど疑問に思うところがありましたので、それらが全部解き明かされたときはスッキリしました。

この世界が出来た時から、巨神と機神の二柱の神しかいない。
それ以外はどこまでいっても海しかない。
その海もエーテル濃度が濃すぎて泳ぐことは出来ない。
『FFⅦ』のライフストリームみたいな感じでしょうか。
ということは神から離れられないってことなんですね。
・・・それがまさかあんな理由だったとは思いもしませんでした。
と。ネタバレはこの辺で。

これからしばらくは『ゼノブレイド』に関する記事を書いていこうと思います。
全部を一つの記事に集約すると長いですからね。
ゲームが長編だっただけに。

2014-08-25

集客について

大学のマンドリンクラブの時は「入場料無料だったら一般のお客さんも少しは入ってくるでしょう」と集客を怠っていました。
でもよく考えたらその考えは甘いのだとわかります。
見ず知らずの他人の演奏をたとえ無料であっても聴きたいと思うか。
その演奏団体の出来が良いか悪いかも知らないのに貴重な時間をそんな催し物に費そうと思うか。
そう考えたら自分と関わりのない人が演奏会に来てくれる確率は非常に低いのだとわかります。

いつの間にかみんな知っているなんてことはあり得ない。
いつの間にか自分が有名人になっていたら気持ち悪いですよね。
お客さんは呼ばないと来ません。
集客って大事。

2014-08-24

電子書籍の欠点

電子書籍の欠点はズバリ、背表紙が表示されないこと。
本屋で『ノーゲーム・ノーライフ』を探していて気がつきました。
そういえば背表紙のデザインを見たことがないと。
アニメ放送時は表紙が見えるように陳列してありましたが、それが終わると他の品物と同じように棚に陳列されます。
あとは裏表紙もありませんね。
これはKindleに限ったことなのかどうなのか。

2014-08-21

絶版譜

先日、Amazonで絶版譜を購入しました。
新品ではなく中古です。
今回の楽譜は復刊ドットコムに投票していましたが、投票してから1年くらい経っても何も音沙汰がなかったので購入に至ったという訳です。

元値よりも数倍高い料金でしたがずっと欲しかったものなのでようやく手に入れることが出来て嬉しかったです。
新品に近いものは元値の10倍から20倍くらい、あるいはそれ以上の価格で販売されていました。
金額は明かせませんが、私が今回購入したものはその中でも安い方です。
楽譜が読めれば問題ないので多少傷やヨレがあっても「買っちゃえ〜」とポチッと押しました。

ただ、買ってそれで安心して読まなくなるパターンが多いので今回はちゃんと活用したい。

Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。