--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-31

今年も一年ありがとうございました

今日は朝から大掃除です。
親は仕事があるそうなので、家事は私がします。
お風呂場、洗面所の掃除をまず先にやります。
お風呂場は「バスボンくん」という長いブラシのようなもので洗います。
お笑い芸人はんにゃの金田さんがこれを使っているのを見て購入しました。
伸び縮みするから便利です。
カビキラーは色々置いてあったので親が帰ってからしました。
排水溝にたまった髪の毛を見た時は「うぇっ」となりました。
あんなに溜まるんですね。

洗面所は小物入れまで掃除します。
使うのはキッチンペーパーにアルコールをしみ込ませたものを使用。
特別な洗剤など使わなくてもアルコールだけで意外と落ちます。
霧吹きじゃなくて押すと適量が出るタイプです。
親は背が小さいので高いところにある小物入れに溜まったゴミを知りません。
私は背が高いので見えてしまい、いつも掃除したいと思っていました。
やはり背が高いと色々なところにあるホコリが見えますよね。
高いところの掃除は男性の仕事だと思います。

それが終わったら家中に掃除機をかけます。
今年は大変お世話になったニトリの2WAY掃除機。
最近はバッテリーの充電時間が早くなりました。
そろそろ寿命でしょうか。

そしてレイコップで布団を掃除。
干すよりキレイ、なんだそうです。
確かにホコリやダニはとってくれているのかもしれませんが、髪の毛は取ってくれません。
それにレイコップはとても重いから布団が潰れます。
干すよりキレイ、だけど干さないと出来ない事もありそうです。

食洗機もお昼の時点で回します。
年越しそばを食べたあとはやりたくないですからね。
それらが終わってようやくブログを書いています。
ネットには繋げないので、公共無線LANを使用しています。
これを書いている時は家なので無事に更新出来るかは試した事がありません。

さて、唐突ですが一年を振り返りたいと思います。
今年は大学院を無事に修了することができました。
第2回鈴木静一展に参加し、多くの演奏家と知り合う事が出来ました。
そして一番大きな出来事が友友ギターリサイタル。
演奏面はこの3つですね。
今年もなかなか濃密な一年となりました。
それらの反省はその日にやっているので、大晦日に改めて振り返る事は致しません。
なので来年はこうしたいという目標を書いてみようと思います。

まず名刺を作ります。
クラシックギタリストとしての名刺です。
そこにYoutubeとニコニコ動画のマイリストURLを書きます。
聞いた話によると、外国のとあるギタリストは名刺代わりにシングルCDを渡すのだそうです。
自分はこんな演奏をしていますよという宣伝ですね。
私はそうではなく、URLを名刺にプリントするかQRコードを載せられるなら載せたいです。
CDをお渡ししてもすぐには聴けません。
でも現代ではほとんどの人がスマートフォンやタブレットを持っています。
URLやQRコードがあれば、すぐにネットに接続出来るので、その方がいいと考えました。
で、Youtubeには動画を投稿していないので投稿する必要があります。
ニコニコにはありますが、大学院修了後の動画は一つもないので新しく投稿しなければなりません。

というわけで、動画サイトに演奏動画を投稿し、そのURLを記載した名刺を作る、が来年の目標となります。
リサイタルは今後行うかわかりません。
一応次回はデュオの予定ですが、あちらさんから何もお話がないので私に余裕ができないと無理 だと思います。
やりたいとは考えます。

そんな感じで来年の目標を決めつつ、今年を終えたいと思います。 今年一年、「友友の弦談日記」へアクセスしていただきありがとうございました。
よいお年を。

スポンサーサイト
2014-12-30

最後の出勤

今年最後の出勤でした。
本当は火水休みなんですけど、27日にギターリサイタルがあったので代わってもらいました。

仕事こそ少なかったものの、人が少ないので普段と変わりありません。
雇用の流動化が叫ばれている時代ですから、私の会社もその波が来ています。
今や一人は一つの仕事だけできればいいという時代ではありません。
一人がすべての仕事を出来るように教育されています。

心外なのだよ。まさかオレが3P(スリー)しか取り柄がないとでも?
『黒子のバスケ』(藤巻忠俊、集英社)8巻

と緑間っちも言っているように、取り柄や才能が一つしかないとか、それらに頼るだけなのは駄目なんでしょうね。
年明けも忙しそうです。

2014-12-29

11月31日

11月29日にAmazonからメールがありました。
アソシエイト・メンバー紹介プログラム終了が2014年11月31日で一時終了になるとの通達です。

私のカレンダーには11月は30日までしかないのだが、Amazonのカレンダーには31日が存在するらしい。
その後、訂正も何もないから、このAmazonは平行世界に存在しているのか・・・?

2014-12-26

忘年会

今日は会社の忘年会でした。
いつも参加はしないんですけど、今回は訳あって会社の人がほとんど参加しています。
そりゃ出席か参加しか選べなかったらそうなりますよね。
もちろん欠席した人もいます。

お酒はほんとは好きではない。
でも人と話すのが好きだから参加します。
普段聞けない話が聞けますし、仕事の話しかしない人とも交流があって楽しかったです。
私の話になるとどうしてもギターの話になります。
当然といえば当然ですね。
今は私がギター弾きという事を知らない人の方が少ないんじゃないでしょうか。
お昼時にリサイタルのチラシを配っていれば、まぁ。

友友さんと話したいといわれる事もあって驚きました。
会社では仕事に専念してますから真面目なイメージが付いています。
だって私語が多くなると仕事もミスが出ますからね。
休憩時なら構いませんが、休憩中は一人でゆっくりしたい派です。
ご飯のおいしさを実感しながら食事したい。
お米が大好きなんです。

二次会も行きました。
カラオケで「初音ミク」や「創聖のアクエリオン」と言ったアニソンを熱唱しました。
友友さんはそういう人です。
ブログを閲覧してくださる方はご存知でしょうけど。
引かれるかなと思ったら「創聖のアクエリオン」は好印象でした。
パチンコでも見るからでしょうかね。

実はアニメの「創聖のアクエリオン」はそんなに好きじゃなかったりします。
なんというか、敵が主人公達を成長させるような侵略をしてくるんですよね。
だからレベルアップ期間がとても長い。
最初と最後だけ見れば大まかなストーリーがわかってしまいます。
お話は好きです。
あとは敵が集団で来るのにこちらは強いのが1体しかいないとか、ロボットものにありがちな設定があまり好きではありません。

帰りはタクシーです。
生まれて初めて一人でタクシーに乗りました。
昔は何が何でも終電で帰っていたのに、やはり社会人になってお金に余裕があるとそんなこともしてしまうんですね。
でも無尽蔵にあるわけではないからお財布はちゃんと管理しています。
久しぶりに楽しい忘年会でした。

2014-12-25

3つのボタンでカービィボウル 完全版

今年終わった動画を振り返りたいと思います。
今年終わったというからには、シリーズ物になります。
年始は正月特番で観るものがないという方向けです。

3つのボタンでカービィボウル 完全版
うp主:なるしすさん
3つのボタンでカービィボウル完全版 Part1 2010年2月12日
3つのボタンでカービィボウル完全版 最終回 2014年9月29日

1994年に発売されたSFCソフト「カービィボウル」(任天堂)の制限TAS動画です。
タイトル通り、3つのボタンのみ使用しプレイしています。
使用可能ボタンは十字キーの上ボタン(フライ)、Aボタン(スタート)、Bボタン(コピー能力 発動)です。

「カービィボウル」はゴルフとボーリングが合わさったようなゲームです。
ゴルフのようにホールを目指しますが、そのホールは敵を通過しなければ現れません。
1つのマップに3つの敵がいたとしましょう。
ホールは2つの敵を通過した時点で出現するので、最初からホールの場所が決まっている訳ではありません。
逆に言えば、通過する順序次第でどこにでもホールを出現させる事が出来るので、それがこのゲームの醍醐味と言えるでしょう。
しかし、この制限プレイでは方向キーが使えないのでひたすら直線しか打てません。
ボーリングのようにスピンをかけることも出来ないので、ただひたすら打ち続けるのみです。
もっとも、カービィのBボタン(コピー能力発動)は制限されていないので使用する事が出来ます。
そしてAボタンはスタートだけでなく「がんばれボタン」としての機能もあります。
壁に接触する際にタイミングよく「がんばれボタン」を使う事で跳ね返りが増す事があり、これによって距離を稼ぐ事が出来ます。

動画はノーマル8コース、エキストラ8コースをクリアする事を前提としていました。
そう、タイトルにもある通り、このシリーズは「完全版」なのです。
「完全版」の一つ前の通常版では合計218打でクリアしていました。
ですがシリーズが終わって番外編が投稿され、その動画内で「200打切り」への挑戦を宣言されています。
さらにノーマルコースの完全版をすべて投稿した後、今度は「デデデを含めて200打以内」に変更されました。
どんどん追加される制限に誰もが失踪を予感したと思います。

しかし、今年、無事にシリーズが終わりました。
私は小学生の時に「カービィボウル」をプレイしたことがあります。
でも意外と難しいゲームなのです。
タイミングがシビアで、普通にクリアするだけでも結構大変です。
だから追記もすごい回数になっています。
追記というのはプレイ回数の事ですが、ただ回数をこなせば出来る訳ではありません。
何度も何度も考え導き出したルートがこの動画にはあるので、最初から最後まで視聴すれきっと感動するはずです。
無事にシリーズが終わり、本当に良かったと思います。
TASさんによるテクニック講座も開講されているので本編で理解不可能な軌道をするカービィにつ いての解説もあり、とても丁寧な動画にもなっています。

もっと多くの動画をご紹介したいのですが、今年はこちらのみにしました。

Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。