--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-18

久しぶりに

☆就活☆

たくさんの方から就活がんばってねとメールをもらいました。
ありがとうございます。

今日は履歴書を送ったところから何か連絡はないものかと心待ちにしていたのですが、何もなかったです。
履歴書っていう個人情報を送ったんだから、こちらで処分しますとか、送り返しますとか、そういった連絡が何もありません。
これが日本の企業の悪いところだと思います。
それは別にしても、落ちた人には一切の連絡をしないというのもいけない。
何が理由で落ちたのか、あと一歩のところで選考に落ちたのか、あるいは全然駄目だったのか、それすらも伝えられない。
日本は自分のことを「家(うち)」というから家族意識がとても強いと言われています。
だからなのか、家族になれなかったものには厳しいです。
家族じゃないものには何も施しはない。
メール一本でも送ってくれればいいものを。

何が駄目だったのか教えてくれないと、これからどうすればいいのか見当がつきません。
今のままで行っていいのか、そういったことを教えてくれない日本の企業は最悪です。
自分のところ以外のことは気にも留めない精神。
私はこれが大嫌い。

今週金曜日に新たに面接することになりました。
いまは事務系で探しています。

☆ギター☆

ギターを弾きました。
今週の金曜日にレッスンがあるはずだったのですが、上記の通り面接が入ってしまったので日をずらすことになりました。

そこでギターの練習を始めたのですが、全然触っていなかったからかてんで駄目でした。
だけどしばらく弾いたらもとに戻るからいいのです。
冬場は寒いので暖房をつけます。
指が動かない状態で弾いても練習になりません。
「寒いところでも弾けるようになる練習」ではありませんから。
電気代はかかってしまうけど暖房をつけます。

前回の練習から触っていた「カヴァティーナ」の音取りを始めました。
ところが左手が激しく痛みました。
一つのフレットを人差し指すべてで押さえるセーハが多用される曲だからです。
私はセーハが苦手です。
だから最初の数小節弾いたところで左手に力が入らなくなって止めになりました。

でも、ちゃんとセーハ対策の練習もします。
セーハが苦手なのならセーハできるように練習をするだけです。
幸い教本はたくさんあるのでセーハの練習というのもありました。
それをやってみると、ものすごく左手が痛みました。
やはりセーハが苦手なようです。
でも苦手なりに自分で工夫した練習法を編み出します。
繰り返し記号はありますが、二回で一回として、それを5セット毎日やるというもの。
ときどき休憩を挟みます。
練習のし過ぎで指が壊れてしまった人もいますから、私もそうならないように加減して練習します。

あとはサンバーストです。
サンバーストはやはり左手が問題です。
というか弦楽器の多くは左手の技術力により左右されます。
左手ができればあとは右手をそえるだけです。
右手は6本の弦。
左手は6×12フレットで72の音を押さえます。
ギターにはもっと音がありますけどね。
だからたくさんの音を同時に押さえるギターですから、左手の技術の向上は必要不可欠です。

スポンサーサイト
Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。