--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-19

初出勤

契約社員で初出勤です。
仕事は私にとっては天国のような環境。
一人で黙々と携帯電話の修理です。
最高です。
残業時間が長いのが残念ですが、前職のように朝が早くないので嬉しいです。
早出・残業は厳しいです。
休むときはしっかり休むという従業員のことも考えてくれているようで安心しました。
とりあえず一日目の感想としてはやっていけそうです。



☆18日☆



昨日はプレクトラム・ソサエティというマンドリン・オーケストラの第五回の演奏会がありました。
この演奏会ではマリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ作曲のギター協奏曲第2番 ハ長調 Op160が弾かれました。
ギター独奏は尾尻さんです。
尾尻さんはポケットビスケッツのキャイーン ウド鈴木さんにギターを教えた人です。

テデスコさんの書いたギター協奏曲はギターの神様と呼ばれているアンドレアス・セゴビアからの依頼です。
依頼でしたけどテデスコは「協奏曲になるとパートごとの音量がわからないから書けない」とおっしゃっていたのですが、セゴビアは「大丈夫だから」と言って書かせたそうです。
このセゴビアは、彼に弾けないものはないというくらい技術力があり、また表現力があります。
なので彼に贈られる曲があとをたたなかったとか。

とは言ってもテデスコがギター協奏曲第一番を書いたのは第二次世界大戦中です。
テデスコはイタリアの生まれですがスペイン系ユダヤ人の血を引いていたため、当時ファシズム体制であったのでアメリカへ渡ります。
ギター協奏曲第一番第一楽章はアメリカへ渡る前に書かれ、第二楽章・第三楽章はアメリカで書かれています。
彼はアメリカへ渡ったあとはニューヨークからロサンゼルスに移り、そこで生涯を終えたとあります。
アメリカに渡った彼は映画ファンなら誰でも知っているであろう「名犬ラッシー」の音楽を作曲していたらしいです。
そのような映画音楽作成に携わって生計を立てていたらしいです。
ギター協奏曲第一番は依頼されたとおりセゴビアに渡し、彼に弾かれました。
しかし、第二番はセゴビアが弾いたという記録はありません。
テデスコが亡くなってから初版がされたとか。
また、テデスコがギター協奏曲第二番を作るにあたって、セゴビアに謝辞を送らなかったとか。
なので第二番に関しては初演はセゴビアでない方が演奏されていらっしゃいます。

東京文化会館にあるのはミラン・ゼレンカという方です。
ウィーン国際ギターコンクールで一位を取った実力者です。

ちなみに、バックのオーケストラは管弦楽、プレソはマンドリンですので若干の違いはあるでしょう。



以上でした。
テデスコに関する記述がありましたらどうぞ遠慮なくコメントをお願いいたします。
私も勉強中ですので、間違った情報を読者に与えてくありません。

わけがありません。
楽しみにしている方には申し訳ないですがご了承ください。
それではおやすみなさい。

スポンサーサイト
Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。