--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-29

映画二本立て

★目次★



☆1、借りぐらしのアリエッティ
☆2、踊る大捜査線3
☆3、サマーウォーズ



☆1、借りぐらしのアリエッティ




まずは映画一本目『借りぐらしのアリエッティ』
ネタバレしない程度に感想を書きます。

「泥棒」ではなく「借りぐらし」をする小人の種族。
小人の種族は人間の家に住み、その生活用品の一部を借りて生活しています。
洗濯バサミやマジックテープ、ボタンや安全ピン…。
人間が使っている道具を小人は違うものに役立てています。
まさかマジックテープをあのように使うなんて誰も思いつかないでしょう。

彼らの「狩り」は、人間が使っているティッシュペーパーや角砂糖を少しずつ借りていくこと。
しかし、どんなことがあっても小人は人間に見られてはいけません。
もし人間に見られたら…。



音楽はアコースティックギターがいい味を出していました。
クラシックギターの私ですが「弾きてえええええ!」と唸るくらい。
やはりギターの音色が好きです。
あの音楽を聴きたいがために映画館に行くのもいいでしょうね。



スタジオジブリ作品の描く人間たちは素晴らしいですね。
「人間ってこうだよね」と思わせてくれます。
スタジオジブリ作品の中で最も光り輝いているのは例えば『もののけ姫』のアシタカではなく、ジコ坊だと思うのは私だけでしょうか?
『天空の城 ラピュタ』のパズーやシータではなく、ムスカ大佐ではないでしょうか?
ヒーローの存在を引き立てるためにも、その反対の悪役が悪役らしくなければなりません。
その悪役をどう見せるか。
スタジオジブリ作品の悪役はいいですよね。
自分の欲望を叶えるために友人や知人を騙し利用する。
仮面の使い方がうまい人々。
そんな悪役が『借りぐらしのアリエッティ』にも登場します。
「ああ、人間ってこうだよね」と思わせてくれました。

とっても楽しかったです。
小人目線の人間の家は楽しいです。
自分の家の普段見えないところを見たような気がします。
ぜひ一度、見てみてください。



☆2、踊る大捜査線3



続けて20分後にこちらを見てきました。
こんな贅沢ができるのはきっと一人だからでしょうね。

『踊る大捜査線3』を見ていてふと思い出したのが、アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』でした。
これは第一期の方ですね。
STAGE 22「血染め の ユフィ」を思い出しました。
ゼロはユーフェミアにギアスをかけ、自分を殺させようとします。
メシア(救世主)は一人でなければならないから。

自分が死ぬことによって民衆は何を思うか。
その行動の果てに何を考えるのか。

ゼロの正体を民衆は知らない。
だからこそゼロが死んだ後でも偽者が絶えない。
本物を誰も知らないから。
自分がゼロになる。
自分がゼロになって今度こそ世界を救う。

死によって新たな何かを生み出す。
『踊る大捜査線3』にも『コードギアス 反逆のルルーシュ』にもそんな共通点があると思いました。

生きることや死ぬことを考えさせられる作品になったのは、和久さんというキャラクターがいたからでしょうね。
天国に居る和久さんのためにも。
自分が生きることによって誰が何を思うか。
自分が死ぬことによって誰が何を思うか。
そんなことを考えさせられる作品です。

今回、8つの事件が同時に起こります。
複数の事件が起きるという点では前作と似ていますが、今回はその8つの事件がすべて1つの事件のために起こされているという点で異なります。
そしてその事件を誰が、何のために起こしているのか。
誰が、首謀者なのか。
そういった謎解きでも充分楽しめる作品です。



個人的には真下と雪乃さんの恋の行方がどうなったのかわかって良かったです。

時東ぁみが可愛かった。
生足が!
太ももが!



………すみません。



またしばらく休みがありませんので、こんな贅沢は当分先でしょうね。
でも今回、映画を二本続けて観れたのはよかったです。
CMに『プリキュア』が出るのはどちらか一本だけでした。
同じCMでも尺が違うとか。
そういった普段気にしない点でも楽しめました。



☆3、サマーウォーズ



あ、8月6日の金曜ロードショーは『サマーウォーズ』ですね。
『サマーウォーズ』の健二と『借りぐらしのアリエッティ』のシュウは同じ神木 隆之介くんが演じています。
彼は過去に『千と千尋の神隠し』で坊を、『ハウルの動く城』でマルクルを演じています。
そこから随分とかっこよくなったものですね。
『サマーウォーズ』の夏希を演じる桜庭 ななみちゃんは可愛いですよね。

演じている人はともかく『サマーウォーズ』はとってもいい映画です。
DVDに監督の言葉が載っています。
『時をかける少女』が公開された後、監督の細田 守氏は海外の映画祭に招かれました。
その時に思ったのは『時をかける少女』のような青春映画が少なかったこと。
だが反対に家族の絆を描いた作品が多かったことに気が付きました。
『サマーウォーズ』はそんな青春と家族の絆を同時に描いた作品となっています。
ぜひご鑑賞ください。

すでに観た人は、どこでCMに入るかとか観ればいいと思います。



やっぱり映画っていいものですね。
また観に行きます!

スポンサーサイト
Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。