--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-31

あっという間の一日

★目次★



☆1、寝起きの日記
☆2、私の考えたプログラム
☆3、これからの方針



☆1、寝起きの日記




レッスン終わって家に帰ってご飯食べて少し寝ようかと布団に入って爆睡。
競馬の結果が気になりつつもそのまま寝て過ごし、起きたらなんと24時半。
日記を楽しみにしている方には毎回ご迷惑をおかけしてすみません。
昨日はべりーは~どな一日だったので・・・。



① ルネサンス4名・バロック4名・古典6名・ロマン派4名・近代~セゴビアレパートリー5名・現代7名の代表的なギターの作曲家を挙げよ。
また、その作曲家の代表曲を複数挙げよ。
② 自分のやりたい曲でプログラムを考えよ。
宿題はこんなものでした。
主に時間がかかったのは②の方です。
②は「この際だから自分の弾きたいと思っている曲を全部書いてみよう」と別のメモに書いていったせいでとんでもない時間がかかってしまいました。
CDのプログラムを見つつ、作曲家の人生などをメモりつつ。



☆2、私の考えたプログラム



プログラム
ルイジ・レニャーニ(1790-1877)
『カプリースNo.7 イ長調プレスティシモ』

ホアキン・ロドリーゴ(1901-1999)
スペイン風3つの小品より『ファンダンゴ』

アグスティン・バリオス・マンゴレ(1885-1944)
『森に夢見る』

―休憩―

ミゲル・リョベート(1878-1938)
カタロニア民謡より
『盗賊の唄』
『アメリアの遺言』
『聖母の御子』

モンポウ(1893-?)
コンポステラの組曲

あと言ってないけどアンコールに、
フランシスコ・タレガ(1860-1909)
『アルハンブラの思い出』



先生の感想は、



「これ全部弾いたあと死んでるよ」
「これ全部弾くと僕は教室の運営できないな」
「これ全部弾けたら会社に取材を依頼するよ」
「とにかくカッコつけすぎ」

・・・すいません。



これでも妥協したんですけどね。
他にもアントニオ・モウロ『ベネズエラ風ワルツ第3番』とかマウロ・ジュリアーニ『私の愛する花』とかマヌエル・マリア・ポンセ『スケルツィーノ・メヒカーノ』とかレオ・ブローウェル『性格的な舞曲』とか盛り沢山。



「僕は来年の三月に弾くとしてって言ったはずだけど」

・・・すいません。



私が考えたプログラムのどれか一つをメインに他のランクをもう少し下げた方がいいと言われました。



②はまあまあ良かったのですが、①が難しかったです。
①は普段、ルネサンスやバロックなんて聴きませんから、『ギター名曲170選』(ドレミ楽譜出版社)からの抜粋です。
この時代を知らないのはやはり問題があるので、もっとCDを聴いたほうがいいと言われました。
あとは正確な情報ですね。

バリオス(1885-1994)って本当?」

私が見たプログラムではそう書いてありましたけど・・・。

「これじゃあ109歳だよ?」

・・・そうですね。
先生は自分の持っている譜面集からバリオスのページを私に見せて、

「ほら! (1885-1944)だよ」

・・・すいません。



眠い目をこすりながらだったんで、字が読めなかったんです。
言い訳ですね。
すいません。



☆3、これからの方針



「じゃあカルカッシのエチュード見せて」

え、(宿題をやっていて)全然練習していません。

「してないならしてないなりに見ることあるよ」

と爪も整えていない状態でとりあえず弾くことに。
こういうときはとにかく深呼吸です。
弾き始めてテンポが速かった~とか失敗しないように弾く前にしっかりとイメージをする。
それが発表会で弾いた『イントロダクション~サンバースト』から学んだ教訓です。
イメージがしっかりできていないうちに弾くとコケる。

途中、走ってしまいましたが、なんとか弾きとおせました。
音を並べることは出来ていると褒められました。
あとはFからGに行くときなどの解決をしっかりやることですね。
DセブンスからGなど、この音は次の音に繋がって一度フレーズが終わるというのを表現する。
最近コードの勉強をしているので、ようやく先生の言っていることがわかるようになってきました。

小学生のときによくやらされたピアノに合わせたおじぎ。
このコード進行はC→G→Cです。
この時のGはおじぎをしている最中ですから、これだけでは解決しません。
ちゃんと終わるためには次のCで身体を起こさないといけません。
これと同じようなコード進行がエチュードの中にありました。

次回でこのエチュードは終わりで、次の6番をやります。



「あと弾きたい曲は?」

マウロ・ジュリアーニ『私の愛する花』を。

「・・・そういうロマンチックなの好きだね」

確かに自分の好きな曲を列挙したとき、静かな曲が多かったです。
バリオス『森に夢見る』とか。
まだ無理だよって言われたけど。
でもいつか弾いてやる。



『私の愛する花』より4番『ジャスミン』の譜面をもらいました。
この曲は村治香織さんのCD『Espressivo』に入っています。
気になった方は聴いてみてください。



次回はカルカッシのエチュード5番を仕上げ、音取りした6番を見、そして『私の愛する花』に取り掛かります。



あっという間の一日でした。
給料入ったらCDと譜面を大人買いだ!!!
もう11月っすね~。

スポンサーサイト
Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。