--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-31

最初の「友規さんの弦談日記」

★目次★



☆1、今年最後の朝に
☆2、おせち
☆3、ダメだっつーの
☆4、N響・・・だったのに



☆1、今年最後の朝に




大晦日、仕事です。
別に休みにしてもいいんじゃないとは思いつつも会社に向かいます。
駅から出て歩道を歩きます。
そしたらお店の前を掃除しているお姉さんがいました。
チリ取りで集めたゴミを集めているところでした。
お姉さんが体の向きを変え上体を倒したその時――ジーンズが下がってお姉さんの下半身が少し見えてしまいました。
ローライズというものでしょうか。
魅せることもできる下着ですね。
でも結構見えてしまいました・・・。
わざわざ私のいる方にお尻を向けるとは、何を考えていたのでしょう。

大晦日の朝はよくわからない出来事から始まりました。



☆2、おせち



終礼は「よいお年を!」で終わりました。
契約社員のこちら側としてはどう返してよいものかわからず、あちらこちらから苦笑が聞こえてきました。
副署長はお休みでしたが、署長はいらっしゃいました。
そこは休まないのはさすがですね。

会社を後にし、おせちを受け取りに行きます。
商店街は大賑わいです。
今朝方置いてあったカニは一つ残らず売れていました。
一番安いものでも2,000円はするのにすごいですね。

「正月くらい贅沢したいじゃない」

昨日、NHKで西健一郎という方がおせち料理を紹介していて、そんなことを言っていました。
確かに、年末年始は贅沢したいものです。
お寿司屋さんで働いていたとき、年末年始はとても忙しかった。
忘年会に新年会に、家庭では親戚を読んだりしますから桶の注文が殺到します。
今日も忙しいかなと思いつつお店に向かいました。

すると見たことのある人がいました。
すでに内定が取れている状態でアルバイトをしていた私と同い年の女の子です。
だから今年はどこかの会社の正社員として働いているはず・・・。
年末は会社が休みになるものだからお金を稼ぎにアルバイト?
いくらなんでもうるさい・怒りっぽい・顔が怖いと3拍子揃った店長のもとで年末年始だけ働くとは考えにくい。
・・・色々あったのでしょう。
あまり会話をすることなく帰りました。



☆3、ダメだっつーの



帰り道、マンホールの真ん中に缶ビールが置いてありました。
しかも飲みかけ・・・。
私はそれを拾って近くの下水に中身を捨てて、また近くの自販機の横にあるゴミ箱に捨てました。
車道の真ん中に空き缶を置いてはいけません。
運転手が缶を踏んだ衝撃でハンドルを切り損ねたら事故を起こしてしまうかもしれません。
大晦日はそういう悪戯はダメ。
こういう日は平和に過ごすのが一番です。

オーストラリアでは洪水で何千人という人が避難しているらしいですね。
せめて今日一日だけでも平和に過ごしたいものですが、平和に過ごせない人もいるのです。
悪戯でこういうことをしてはいけません。



☆4、N響・・・だったのに



NHK教育で放送されているN響による「年越しクラシック」。
生まれて初めて大晦日に見ました。
『のだめカンタービレ』(二ノ宮知子、講談社)2巻「Lesson7」にて仲良し三人組が千秋の家に押しかけテレビのチャンネルを勝手に変えられてしまい、

(もうすぐN響の「第九」があるのに・・・)

と心の中で呟いていますね。
そのN響です。



ベートーベン作曲
『交響曲第9番“合唱つき”』
今回の指揮=ヘルムート・リリング



フロイデッ シェーネル ゲッテル フンケン!
でお馴染みのあれです。
私は小学校の合唱コンクールで歌ったことがあります。
『金色のガッシュ!!』(雷句誠、小学館)の25巻でファウードの力を得てでっかくなったキースが歌っていますね。
さらには『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビ放映バージョン、何話だったのか覚えていませんが主人公碇シンジと使徒でありながらシンジの友人だった渚カオルの激闘シーンで流れていますね。
劇場版では今後どのような展開になるのか見所です。
そんな「第9」は4楽章で構成されているんですね、知らなかった。
1楽章から聴いたのはこれも初めてになりました。
そして4楽章が始まり・・・聴き覚えのあるメロディーが流れ、



「友規! 手伝って!!」



飲み会から帰ってきた母の叫びで中断されます。
母は慌しく荷物を置き玄関を開けます。
外には見知らぬ男性が二人。
一人は酔っているのかもう一人の男性に肩を貸してもらっていました。



「飲みすぎて家に帰れないからうちで少し休ませる!!」



はぁ? という感じですよ。
でも本当にやばそうな状態だったので言われるがまま正常な男性からその人を私に受け継ぎました。
座ってくださいと座らせようとするとまるで失神したようにテレビにおでこをぶつけて勢いよく倒れました。
慌てて寝かせてお水を出します。
その間、少し下を向いていたのが悪かったのか、今度はトイレに直行。

大晦日に、ドタバタです。

「すっごいよね! あははははは」

母よ、あんたはなんで笑っていられるんだ?

肩を貸していた男性は今日で定年とのことだった。
最後の最後まで後輩の面倒を見て帰るとは不運としかいいようがない。
その後輩は体の中のものを吐き出して落ち着いたのか、今は居間で横になっている。

「第9」は終盤に差し掛かっていた。
・・・録画してあるからもういいや。
彼の家はここから遠いようだが、果たして年内に帰れるのだろうか。

ちょっと忙しくなりそうなのでこの辺で失礼いたします。
「友規さんの弦談日記」最初の日記がこんなんで申し訳ないです。
それではよいお年を。
今年一年、お疲れ様でした。
ありがとうございました。
また来年にお会いしましょう。

スポンサーサイト
Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。