FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-25

3つのボタンでカービィボウル 完全版

今年終わった動画を振り返りたいと思います。
今年終わったというからには、シリーズ物になります。
年始は正月特番で観るものがないという方向けです。

3つのボタンでカービィボウル 完全版
うp主:なるしすさん
3つのボタンでカービィボウル完全版 Part1 2010年2月12日
3つのボタンでカービィボウル完全版 最終回 2014年9月29日

1994年に発売されたSFCソフト「カービィボウル」(任天堂)の制限TAS動画です。
タイトル通り、3つのボタンのみ使用しプレイしています。
使用可能ボタンは十字キーの上ボタン(フライ)、Aボタン(スタート)、Bボタン(コピー能力 発動)です。

「カービィボウル」はゴルフとボーリングが合わさったようなゲームです。
ゴルフのようにホールを目指しますが、そのホールは敵を通過しなければ現れません。
1つのマップに3つの敵がいたとしましょう。
ホールは2つの敵を通過した時点で出現するので、最初からホールの場所が決まっている訳ではありません。
逆に言えば、通過する順序次第でどこにでもホールを出現させる事が出来るので、それがこのゲームの醍醐味と言えるでしょう。
しかし、この制限プレイでは方向キーが使えないのでひたすら直線しか打てません。
ボーリングのようにスピンをかけることも出来ないので、ただひたすら打ち続けるのみです。
もっとも、カービィのBボタン(コピー能力発動)は制限されていないので使用する事が出来ます。
そしてAボタンはスタートだけでなく「がんばれボタン」としての機能もあります。
壁に接触する際にタイミングよく「がんばれボタン」を使う事で跳ね返りが増す事があり、これによって距離を稼ぐ事が出来ます。

動画はノーマル8コース、エキストラ8コースをクリアする事を前提としていました。
そう、タイトルにもある通り、このシリーズは「完全版」なのです。
「完全版」の一つ前の通常版では合計218打でクリアしていました。
ですがシリーズが終わって番外編が投稿され、その動画内で「200打切り」への挑戦を宣言されています。
さらにノーマルコースの完全版をすべて投稿した後、今度は「デデデを含めて200打以内」に変更されました。
どんどん追加される制限に誰もが失踪を予感したと思います。

しかし、今年、無事にシリーズが終わりました。
私は小学生の時に「カービィボウル」をプレイしたことがあります。
でも意外と難しいゲームなのです。
タイミングがシビアで、普通にクリアするだけでも結構大変です。
だから追記もすごい回数になっています。
追記というのはプレイ回数の事ですが、ただ回数をこなせば出来る訳ではありません。
何度も何度も考え導き出したルートがこの動画にはあるので、最初から最後まで視聴すれきっと感動するはずです。
無事にシリーズが終わり、本当に良かったと思います。
TASさんによるテクニック講座も開講されているので本編で理解不可能な軌道をするカービィにつ いての解説もあり、とても丁寧な動画にもなっています。

もっと多くの動画をご紹介したいのですが、今年はこちらのみにしました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dord3293.blog84.fc2.com/tb.php/1038-b76ecc55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 友友の弦談日記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。